Clubhouseから生まれた湘南のウェブマガジン

地域情報

編集部が選ぶ!湘南「海の家」15選

2022年夏が終わり、ちょっぴり秋の風を感じられる季節になってきました。
みなさんの夏はいかがでしたか?
今年は湘南に海の家が戻ってきて、久しぶりに「OTONA湘南LIFE」のメンバーもいつもの夏を満喫。ランチタイムに海の家、ちょっと打ち合わせに海の家、話題は尽きぬ女子会で海の家、ディナータイムに海の家、海の家に行って!行って!行きまくりました。
その中から、おすすめの海の家をご紹介します。

サザンビーチちがさき海水浴場

K OHANAS(ケイ オハナズ)

茅ヶ崎を全国区にした第一人者は加山雄三さん。その名前を付けた「雄三通り」を海に向かい、HOSOI SURFの手前を右に折れてすぐ。閑静な住宅街に位置する人気ハワイアンレストランが運営する海の家「K-OHANA’S BEACH HOUSE」。料理が一般的な海の家とは一線を画していて、フリフリチキンが話題になりました!

夏倶楽部

サザンビーチちがさき!今年の海の家は5件だけでした。その中でもセンターにあってひときわ目を引くのが「夏倶楽部」。サザンの桑田さんの同級生が営む海の家と言うことで、2009年7月にはフジテレビ系列で放送されていた「桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜」でライブが行われたという伝説のお店。今年は有名なサザントリビュート・バンド「いとしのエリーズ」ライブが3回行われ、すべてあっという間にSOLD OUT。サザンビーチ海水浴場の代表的なお店です。

片瀬西浜海水浴場

西浜亭

最も片瀬江ノ島駅に近い、そして、最も江の島に近いロケーションにある「西浜亭」。昔ながらの海の家という風情で、家族連れや年配のお客さんも多く、落ち着いて海の時間を楽しみたい人におすすめ!メニューはラーメン(700円)、もつ煮(700円)、サザエ(800円)など。泳ぎ疲れたあとの、温かいラーメンが美味しかったです。シャワー大人800円、小人500円。支払は現金のみ。

Ao×Shiro(アオ × シロ)

文字通りブルーと白で統一された爽やかなイメージの海の家「Ao × Shiro」。江ノ島が目の前に見えるロケーションは最高!ハンバーグロコモコ、湘南ローストビーフ丼 温玉ぶっかけうどん。美味しかったな〜。だんだん日が暮れて、海の家で夜の女子会も楽しい!

鎌倉ビール

等身大のROUTE134ビールのオブジェが目をひく「鎌倉ビール」。西浜の石階段を降りてすぐの場所にあるBARでは、海を見ながら高めのスツールに腰掛けて、夕日を待つ人の姿も。

THE HARBOR TERRACE

材木座のホテルTHE HARBOR TERRACE(ザハーバーテラス)が出している海の家。賑やかな片瀬西浜ですが、ちょっと落ち着いた雰囲気が印象的です。1番海側の席に案内され、江の島を眺めながらの食事は、まるでレストランのよう。地元藤沢のみやじ豚のソーセージが美味しかったです。

由比ガ浜海水浴場

AONOVA(アオノバ)

みんなのスロープを通り、800mの木のボードウォークができた由比ガ浜海岸。アジア初のブルーフラッグ認証取得ビーチとして、環境マネジメントやビーチクリーンにも力を入れています。中でも気になったのが、この「AONOBA(アオノバ)」。開放感ある空間にソファーとテーブル席。海が見えるBARが心地よく、グラス越しに見えた景色はフォトジェニックでした!今年のビーチ飯はメキシカンタコスをいただきました。

タイ村

みんなのスロープを下ってボードウォークを歩いていくと、一番最初に見えてくるのがこの「タイ村」。ここのフードコートを楽しみにしている人も多いはず!海の家とは思えないほどのメニューの多さです。8月31日、今年最後の海の家は日中は暑かったのに、陽が落ちると海風が少し肌寒いくらいでした。

FullOut Bach House

キレイを楽しむ大人のビーチハウスがコンセプトの「FullOut Beach House supported by ALBION」。お料理は葉山庵がプロデュース。ビーチハウスの壁には、アーティストのMOMOCOさんが手掛けたフォトジェニックなくじらがお出迎え。働くお兄さんの後ろ姿がカッコイイ!支払いは、カード・電子マネー可能 ※IC以外

avex beach paradise

ブルーの空と海に映える海の家「avex beach paradise」。この日はVIPエリアに入れていただきました。ソファー席は気持ち良くて、海を眺めながら最高のひとときを。隣には由比ヶ浜監視所があり、カツオのえぼしに刺された時も対応してくれます。

逗子海岸海水浴場

SEAMAGIC

ハワイの田舎町をイメージしたような海の家「SEAMAGIC」。2階席もあって、海が見渡せます。逗子のビーチは遠浅で、子供も安心して遊ぶことができます。子供たちが「逗子海岸ウォーターパーク」で遊んでいる間に、パパとママはアルコールドリンクを楽しむ!そんなファミリーの姿もよく見かけました。とてもフレンドリーなお店でした。

family beach MOBOMOGA

沖縄料理を楽しめる海の家「MOBOMOGA」。沖縄のアイスクリームの定番!ブルーシールアイスクリームが食べられるのも嬉しい!お店の前にはサーフボードが並び、フォトジェニックな写真を撮ることができます。ファミリーの姿もよく見かけました。

森戸海岸

OASIS

森戸海岸にある海の家「OASIS」。葉山のビーチカルチャーを発した場所と言えるでしょう。40年以上経っている老舗で、地元からこよなく愛されています。毎日のようにライブが開催され、訪れた日も多くの人で賑わっていました。フラショーが有名で、以前はここはハワイ?と錯覚してしまうほど沢山のフラダンサーに出会えたものです。

一色海水浴場

UMIGOYA

御用邸に近い葉山一色海岸にある海の家「UMIGOYA」。食事や飲み物だけでなく、SUPや海ヨガなどのアクティビティも楽しめます。3年ぶりに気のおけない仲間達と一緒にお出かけ。沈む夕陽を眺めながらジントニックを飲んだり、Liveミュージックを楽しんだり、OTONA湘南LIFEなひとときを楽しみました。

一色ロイヤルビーチ

昭和の雰囲気が感じられる昔ながらの海の家「一色ロイヤルビーチ」。入り口にかけられた浮き輪を見て、なんだか懐かしい気持ちに。子供の頃に遊びに行った海の家はこんな感じだったなぁ。海の家の定番!ラーメンやカツ丼など、気取らないメニューも嬉しい!

まとめ

仲間同士でワイワイ楽しむ海の家、家族でのんびり過ごす海の家、大好きな人と行きたい海の家。湘南には魅力的な海の家がたくさんありますね。また来年もみなさんとともに楽しい夏を迎えられますように。
OTONA湘南LIFE 公式インスタグラム: otonashonanlife

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP